MENU

植毛の手術方法による違い

 

自毛植毛には色々な手術方法がありますが、それぞれにメリットデメリットがあります。

 

その方法が良いかは、ご自身にあった方法をお選びください。

 

 

ニードル式(Choi法)

 

メリット

 

ストリップ法やダイレクト法が複数本生えている毛根ごと(マイクログラフト)採取と植え込みをするのに対し、ニードル法は毛髪の一本一本を使用します。(シングルヘアグラフト)
この方法のメリットは、細い専用の植毛針をつかって穴あけと植え込みを同時に行う事が出来るので、生え際を自然に再現できるので、移植した場所が目立ちにくいそうです。

 

デメリット

 

移植毛が一本づつなので、医師の負担が大きく費用が高額になります。またショックロスの確立が高く、一本づつなので地肌が透けて見えるところがあるそうです。
このためにニードル法は採用している所はほとんどありません。

 

 

 

ストリップ法(FUT法)

 

 

メリット

 

ストリップ法は、後頭部から皮膚ごと採取して毛根(毛包。グラフト呼んでいます。)を小分けにして、薄い部分に移植する方法です。
皮膚ごとの採取、穴あけ、毛根の移植という流れで行います。ストリップ法の一番のメリットは、一度に大量の毛根を採取するので、全体の手術時間が短縮される所です。
また、状態のよいグラフトを選別できるので、効果の高い植毛が期待できるそうです。

 

デメリット

 

ストリップ法の一番のデメリットは、後頭部に残る傷でしょう。皮膚ごと取り除いて縫合するので、後頭部に一直線のキズが残ります。
もちろん髪で隠れて普段は見えなくなりますが、傷と術後の痛みがストリップ法のデメリットといえるそうです。

 

 

 

ダイレクト法(FUE法)

 

メリット

 

ストリップ法と違い、針のようなもので、ひとつひとつのグラフトを採取するため、後頭部に傷が残りません。また仕上がりが綺麗だといわれています。
最近日本では、機械式のダイレクト法も流行っていますが、やはり手作業に勝るものはないでしょう。

 

デメリット

 

グラフトごとに採取、植え込みをしますので、必然的に費用が高くなります。