植毛の手術方法による違い

 

自毛植毛の手術方法も何種類か選択できるようになっております。色々な手術方法がありますが、それぞれにメリットデメリットがあります。どの方法が良いかは、ご自身にあった方法をお選びください。

 

 

ストリップ法(FUT法)

 

メリット

 

ストリップ法は、後頭部の皮膚を直接切り取り、その後、切り取った皮膚から毛包【毛根】を一つづつ手作業で分け、その後薄毛の頭部に移植手術する方法です。
皮膚ごとの採取、穴あけ、毛根の移植という流れで行います。ストリップ法の一番のメリットは、一度に大量の毛根を採取するので、全体の手術時間が短縮される所です。
また、状態のよいグラフトを選別できるので、効果の高い植毛が期待できるそうです。

 

デメリット

 

ストリップ法の一番のデメリットは、後頭部に残る傷でしょう。皮膚ごと取り除いて縫合するので、後頭部に一直線のキズが残ります。もちろん髪で隠れて普段は見えなくなりますが、傷と術後の痛みがストリップ法のデメリットといえるそうです。

 

この手術方法のデメリットは、後頭部に皮膚を切り取った際、手術痕が残る事です。どんな手術でも、やはりキズや痛みが残るのは嫌なものです。そこで近年では、もっと患者への負担の少ない手術方法もあります。それが次にご紹介するダイレクト法になります。

 

ストリップ法

【親和クリニックより】

 

【ダイレクト法】

 

メリット

 

ストリップ法と違い、針のようなもので、ひとつひとつのグラフトを採取するため、後頭部に傷が残りません。また仕上がりが綺麗だといわれています。最近日本では、機械式のダイレクト法も流行っていますが、やはり手作業に勝るものはないでしょう。

 

後頭部の皮膚を直接切り取らなくて済むように、後頭部から毛根をピンホール状に切り取り、その後頭部に移植する方法も確立されております。

 

後頭部の皮膚を切り取らないので、キズが目立ちにくいのが最大のメリットでしょう。

 

デメリット

 

グラフトごとに採取、植え込みをします。逆に移植の手間が掛かりますので、必然的に費用が高くなります。

 

機械でホール状に毛根を採取して

 

ドナーを植える

【親和クリニックより】

 

またこの方法には機械で毛根を採取する方法と、手作業で毛根を採取する方法の二種類があります。

 

どちらが良いのかは、ご自身で判断されると良いでしょう。各クリニックの説明や資料などをみると、やはりいつの時代も手作業が一番なのかな?と思ったりもします。

 

【ミックス型】

 

ストリップ法とダイレクト法をミックスした施術方法。患者さんの生活状況に合わせて、手術方法を組みあわせて行います。

 

ストリップ法では、一時的に部分カツラの使用をしなければ隠せない時期もあります。しかし移植方法を組み合わせることで、目立たなくできるのです。

 

【植毛+SMP】

 

植毛でおぎないきれない方の為に、SMP【Scalp Micro Pigmentation】という施術をする方法です。

 

具体的には、専用に開発された針とインクを用いて、頭皮に色素を注入することで毛根を描き【タトゥーに近いかも】、あたかも髪の毛が生えているかのように見せる医療技術です。

 

SMPはイギリスから世界各国に広がり、10数年経ちますが、日本ではまだ馴染みがありません。上手に施術すると、薄毛がほとんどわからないそうです。

 

現在日本で植毛とSMPを同時に施術してくれるところは、ヨコ美クリニックだけのようです。

 

また【坊主タトゥー】というアートメイクをAGAスキンクリニックでもおこなっています。

 

結局どこがいいの?

 

総合的な金額はさまざまなので、気になるようでしたら、一度問い合わせてみるのも良いでしょう。

 

人気があるのは、手作業で毛根の採取を行い、手作業で埋め込む方法です。やはりいつの時代も、手作業に勝るものは無いのかもしれません。

 

定着率の良さを考えたら、やはり皆さん最終的には手作業を選ぶのかもしれませんね。