抜け毛・薄毛の原因

 

抜け毛・薄毛の原因は1つだけではありません。発毛を始めるために、自分の抜け毛・薄毛の原因を知っておくことは大切なことです。そこから自分に合った発毛方法を見つけ出しましょう。

 

 

 

遺伝(男性ホルモン)

男性ホルモンの分泌量が多いほど、抜け毛・薄毛になりやすいということです。これは、男性ホルモンのテストテロトンが髪の成長を抑制するためです。また、男性ホルモンの分泌量による抜け毛・薄毛は遺伝するといわれています。

 

過度のストレス

精神的なストレスによって、自律神経のバランスが崩れ、血行が悪くなり頭皮の状況が悪化すると考えられる。

 

紫外線

長時間日光を浴びると、紫外線により、髪の毛のキューティクルがダメージを受け、抜け毛・薄毛につながります。

 

冷え性

女性の抜け毛・薄毛の原因として多いのが冷え性です。血行障害により、髪へ栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が細くなったり抜けたりします。

 

喫煙

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、脱毛を促進させると考えられます。

 

過度の飲酒

アルコールの大量摂取は、肝臓に負担をかけることになり、髪への栄養補給が行き届かなくなります。

 

睡眠不足

髪の毛に限らず、昼間にダメージを受けた細胞は、眠っている間に分泌されるホルモンや免疫細胞によって修復されます。そのため、睡眠が不十分だと髪の毛の成長を抑制することになります。

 

偏った食生活

脂肪の過剰摂取や偏った食生活も、抜け毛・薄毛の原因の一つです。髪の毛の構成成分である良質なタンパク質をはじめ、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を摂取することが大切です。

 

 

 

遺伝による抜け毛・薄毛の他は、日々の生活の中に問題点があるといえそうです。また、原因は1つだけではなく、複数の原因が重なって、抜け毛・薄毛を引き起こしていることも考えられます。

 

抜け毛や薄毛は若い人にも

 

薄毛や抜け毛と聞くと、年配の人がなるものと思っている人も多いかもしれませんが、最近では20代~30代の若い男性にも多くなってきています。

 

薄毛はAGAが原因のことが多く、遺伝や男性ホルモンが影響すると考えられています。AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれ、前髪や頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴です。

 

若い男性に多い理由として、思春期頃から大量に分泌される男性ホルモンが、薄毛に関係していると考えられています。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、生え際や頭頂部に分泌されている5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンというヘアサイクルを壊す原因物質へと変化し、丈夫な髪の毛ができる前に抜け落ちてしまい、薄毛や抜け毛が進行してしまいます。

 

現在では、以前よりも抜け毛や薄毛のメカニズムが解明されてきました。しかし、抜け毛や薄毛の発症メカニズムや原因に関しては、いまだ未知の部分があり、テストステロンなどの男性ホルモン以外にも、生活習慣や遺伝などがAGAの引き金となることもありますから、生活習慣を見直すことも大切です。

 

抜け毛や薄毛は、進行性の薄毛のため、放っておくと徐々にハゲていき、気が付いた時には手遅れになっている場合があります。

 

 

 

 

ご存知のように抜け毛の原因を調べると、色々な原因がありました。主な要素として

 

・遺伝的要素
・間違ったヘアケア
・ヘアカラーによるダメージ
・代謝のバランスが崩れる
・男性ホルモンの影響

 

などがありました。育毛・発毛の効果を十二分に発揮するには、自身の薄毛や抜け毛の原因が何であるかを探る必要があり、それが改善しない限り、髪の成長につながらないことが分かりました。

 

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンという物質に変わり、この物質が抜け毛を促進させるという情報を知り、自身の場合はその要因が高いと考えました。5αリダクターゼをテストステロンと結びつくことを遮断することが出来れば、髪の成長に必要なテストステロンが活発に作用し、太く健康な髪になるということが分かりました。

 

初期で使用したシャンプーは、洗浄成分が強力なもので、分泌した皮脂をきれいに取り除くため、育毛剤の浸透が良くなるとのことでしたが、洗浄成分が強いと、確かに洗った時は爽快ですが、乾燥時に張りが出るように感じました。また、過剰に取り過ぎた皮脂が頭皮や髪のバリア機能をも剥がすため、パサつきが出ました。

 

その後、髪と頭皮の水分バランスなどをコントロールするシャンプーに替え、育毛剤も同様の発売元から出ているものに替えました。