女性の育毛について

今は女性でも薄毛に悩む時代であり、その対策に悩む人も少なくありません。女性の育毛に対して有効な対策を施すためには、まず原因について知らなければなりません。女性が薄毛になってしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?それは一つではなく、いくつかの原因が考えられます。

 

例えば、加齢による老化現象の一つとして起きる場合です。また、過度なストレス、生活習慣の乱れが関係する場合もあります。さらに、過度なダイエットが原因となることもあります。食生活では、高カロリー・高脂肪の食事が原因になることもあります。

 

こうした原因をよく勉強して、自分にどれが該当するかを把握する必要があります。原因が分からなければ有効な育毛を施すこともできません。また、女性の薄毛の種類にどんなものがあるかを知っておくことも大切です。これも有効な育毛対策を打つ手掛かりとなる情報です。

 

女性の薄毛の種類には、瀰漫性脱毛症、分娩後脱毛症、批糠性脱毛症、円形脱毛症があります。それぞれに特徴があるため、違いをよく理解しておきましょう。

 

 

①瀰漫性(びまんせい)脱毛症
髪の分け目を中心にして髪全体が薄くなる症状のことです。男性のような部分的な薄毛ではなく、全体が薄くなるのが特徴です。髪が細くなり、全体にボリュームがなくなるので、ヘアースタイルが思うようにいかなくなります。

 

②分娩後(ぶんべんご)脱毛症
分娩が終わったときに抜け毛が多くなる症状のことです。出産後に一時的に女性ホルモンのバランスが崩れておこる脱毛です。通常半年ほどで元に戻っていく事が多いようです。

 

③批糠性(ひこうせい)脱毛症
フケが毛穴を塞ぐことで多くなる脱毛症のことです。乾燥したフケを伴うのが特徴です。乾燥するのでかゆみを伴い、かゆいので掻くとさらにフケが出るいう悪循環になることがあるそうです。

 

④円形脱毛症
1箇所だけが部分的に薄くなる症状のことです。丸い形でハゲになるケースが多い事から、円形脱毛と言われいるそうです。

 

 

さて、育毛の対策として考えられることですが、いくつかのものがあります。食生活を見直すこと、生活習慣全体を改善すること、睡眠不足をなくすこと、ストレスをなくすこと、クリニックで治療することなどがあります。

 

さらには、育毛剤、サプリメント、血行改善のための体操やマッサージなども有効です。食生活の改善では、高カロリー、高脂肪の食事を減らすようにすることです。

 

 

女性の育毛対策方法を調べよう

 

 

男性とは違い、ひたいや頭頂部の一部がすっかり薄くなるというのではありませんが、女性も薄毛に悩んでいる人は多いものです。女性の場合は全体にボリュームダウンし、頭頂部や分け目が薄くなるなどの症状が現れます。

 

好きなヘアスタイルを楽しめなくなる、外見が老けてみえるなどのデメリットが出てきますので、進行を抑えるためにもしっかり育毛対策をしておきましょう。

 

まず、男性の薄毛は男性ホルモンの影響で起ることが多いですが、女性の場合はホルモンバランスの乱れ、ストレス、出産の影響、過度なカラーやパーマ、間違ったヘアケア、過激なダイエットなどその原因も実に様々です。

 

育毛対策としては思い当たる部分があれば、少しでも改善していく努力をすることも大切です。育毛剤や育毛シャンプーも日々のヘアケア、頭皮ケアに役立ちますが、こちらも男性用ではなく、女性の育毛に対応したものを選んでおきましょう。

 

パーマやカラーは髪のおしゃれに欠かせませんが、髪の状態が良くないときは避けたほうが無難です。白髪染めをするときなどもできるだけ髪や頭皮に負担のないものを選んでいきましょう。

 

血行不良も髪の成長には影響しますので、マッサージなどで血行を促進させるケアも育毛に対して良い改善が期待できます。

 

髪の長い方はまとめ髪をすることが多いですが、この場合もあまりに強く引っ張ることは髪や頭皮にもよくありませんので、きつくまとめすぎないようにしたいところです。

 

喫煙も血行を悪くしますので、こちらも控えたいところです。精神的なストレスも髪に影響が出やすいので、こちらも改善できる努力は必要です。

 

その他の育毛対策としては、栄養不足も考えられますので、ダイエット中でも栄養が不足しないよう、栄養のバランスはよく考えて食事を用意しましょう。

 

それから女性の薄毛は分け目が広がる症状が出やすいので、いつも同じ場所で分けるのではなく時々分け目を変えるようにすると良いでしょう。

 

努力していても改善が難しい場合は医療機関に相談するとそれぞれの症状に合った治療を提供してくれます。