プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド)は世界60か国以上で承認されている、経口育毛剤で男性型脱毛症用の薬で特に男性ホルモンが原因のAGAに効果的です。

 

 

 

現在言われているプロペシア(フィナステリド)の効果等

プロペシア(フィナステリド)の効果

抜け毛の減少 髪が太くなる

プロペシア(フィナステリド)の副作用

精力減退 肝機能低下

 

 

 

もともとは前立腺肥大のための薬として開発されましたが、副作用として発毛効果があったという声が相次いだため、もう一度研究と開発が行われ、男性型脱毛症用の薬として発売されました。

 

「飲む育毛剤」とも呼ばれていて、男性型脱毛症の人がプロペシア(フィナステリド)を服用することで育毛効果があったという声が多くありますが、どちらかと言えば抜け毛が少なくなったり、髪が濃く太くなることで、薄毛が目立たなくなるとも言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)は男性型脱毛症の多くの原因だと言われているテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。日本でも2005年に認可され、医師の処方によって利用できるようになっていますが、健康保険の適用外のため全額自費での負担となっています。

 

プロペシアが効果があるのは男性型脱毛症のみで、円形脱毛症などには効果がありません。また女性の服用も効果がないという実験データがあり、さらに妊婦が服用すると胎児に障害が残る可能性があると言われています。

 

妊婦自身が飲まなくても、家族の誰かのプロペシア(フィナステリド)を触るだけで皮膚から吸収され胎児に影響が出る可能性があると言われているため、妊婦のいる家庭では使用を控えるか、妊婦の手が絶対に届かないところでの服用をしなければなりません。

 

プロペシア(フィナステリド)を飲み始めて効果を実感できるまでに半年ほどかかると言われています。その間は毎日規定量を服用するようにしましょう。

 

 

AGA治療では、ミノキシジルによって発毛を促進し、プロペシア(フィナステリド)によって現在ある髪の毛の脱毛を防止するとともに、ミノキシジルで生えた毛が産毛の段階で抜け落ちないように防いでいきます。

 

私自信も服用しましたが、確かに効果はあるようです。効果はあるのですが、一度退化して塞がってしまったような毛根がある場合、その部分の発毛は厳しいかもしれません。あくまでも毛髪が薄くなり始めた部分には有効だと思います。

 

 

 

他にも副作用が心配な点です。正直な所、あそこの立ちが悪くなったような気がします。もともと精力的に自信があったのですが、何回もしたくなるような事がなくなりました。もちろん年齢的な事もあるかもしれません・・・。でも飲み始めてから立ちが悪くなった?のはあるのかもしれません。

 

プロペシア(フィナステリド)は医薬品ですから効果があるのかもしれません。ですが、元々は前立腺肥大用に開発された薬で、その副作用で『薄毛に効果がみられる』というある意味副産物だったのです。当然、肝臓や精力減退等の副作用があるのかもしれませんね。